FC2ブログ

【ステップ1】欲しいものを見極める目を持とう

水瀬ケンイチさんの華麗なるインデックス投資の具体的方法 8ステップを、鳩が千鳥足で踏んでいくこのコーナー。

以前の記事はこちら。
【ステップ0】参考ブログ紹介


ステップを踏んでみる

水瀬さんの記事を順に読んでみます。
【第1回】なぜ銀行や証券会社は低コストで楽な投資法を個人投資家に隠すのか!?

これを読んでまず思ったこと。

「インデックス投資って、マイナーだったんだ…知らんかったー」

私の投資のスタートはインデックス投資でした。そして時を経て、なんとなくの検索で辿り着いたのもまたインデックス投資。私の中では投資の王道だったのです。
父親にいきなりインデックスファンドを勧められたから、金融機関では教えてくれないなんて全然知らなかった。
もう世の中みんなインデックス投資家に見えてたくらいなのに。(嘘)


運用にはコストがかかる

投資信託を買うには、そのモノの値段以外にもコストが掛かります。
インデックスファンドは、運用に手間がかからない分コストが安い。なるほど。
コストは必ず発生するものであり、コストの高低は運用結果の良し悪しとは関係がなさそうだ。なるほど。じゃあ安い方がいいよね。
でも、買う人が支払ったコストは売る人の利益になるから、売る人は自分たちの利益が多くなる商品を勧めてくる。
一体、私たちはどうしたらよいのか?

「それは、私たち投資家側が少しだけ賢くなり、店の奥の方にしまわれている低コストな商品を、自分で取りに行くという姿勢を持つことです。」by水瀬さま

ついに様付けですけれども。
つまり、窓口でオススメされた商品をほいほい買うんじゃなくて、自分が欲しいモノ(ここではコストの低いモノ)を見極める目を養いましょう、ということですね。

☆鳩のかしこさが1あがった☆

では、ステップ2を踏みに行きましょう。

<追記:続きはこちら→【ステップ2】家計の把握・余裕資金の設定
スポンサーサイト



0 comments

非公開コメント