FC2ブログ

【ステップ8】鳩的最終ステップ

水瀬ケンイチさんの華麗なるインデックス投資の具体的方法 8ステップを、鳩が千鳥足で踏んでいくこのコーナー。
とうとう最終ステップになりました。

これまでのステップはこちら。
【ステップ0】 【ステップ1】 【ステップ2】 【ステップ2.5】 【ステップ3】 【ステップ4】 【ステップ5】 【ステップ6】 【ステップ7】


ステップを終えて

【第8回】 最後に教えます!金融のプロは教えてくれない「インデックス投資を続けるコツ」

なんかしみじみしてきました。

以前からインデックス投資という手法は知っていたし、実際に積立もしていた私ですが、それは全く自分に根付いていない上っ面の投資でした。
投資に根付くも根付かないもあるかい、という方もいるかもしれませんが、私にはこの「自分の腑に落とす」過程が必要不可欠で、水瀬さんの示してくれたステップを踏みながら、それを少しづつ実践してきたつもりです。

自分の腑に落ちていないこと、納得しきれていないことは、とても不安定です。
いざ何かが起きた時、たぶん耐えられない。
以前、投資をやめた時の私がそうでした。
それは、相場が大暴落して損をしたとか、気が変わって投資をやめたとかいうことではなくて、その結果が自分の実になるかどうかということのような気がしています。
だから波に乗ってすごーく大儲けしたとしても、それは逆の方向に同じだけ不安定なんじゃないかなって。
なんかよくある「普通の主婦でもFXで何千万円儲けたよ☆」みたいな、ああいうのとか。
そこに根が生えてればそれもいいけど、生えてないのはどうなのかなといつも思っています。

インデックス投資に再会する前、個別株っておもしろそうだなって考えてました。
水瀬さんのステップを踏むのと並行して、個別株の講座に出てみたりして、おまけに四季報貰って帰ったりして、でも同じ講座に出た人が、それまで生活に投資の「と」の字も無かった人が、「株って面白そう、さっそく四季報買ってきました♪」なんて呟いてるのを見て、モヤモヤーってしていました。
未熟ながら一通りステップを踏み終えた身として、そのモヤモヤの正体がなんとなくわかったような気がします。
他人の投資スタイルには関知しませんが、自分の身を客観視する上で観察は非常に有効です。


投資の海にどんぶらこ

2015年9月に、投信の積立を再開しました。
この先ちょっとづつ勉強して、もしかしたら個別株に手を出す日がくるかもしれないし、また投資をやめる日がくるかもしれないです。
コツコツ利益を出しているかもしれないし、うっかりリスクを取りすぎて失敗しているかもしれないです。
でも今の目標は、それらをきちんと自分の内で管理すること。誰かが言ってたからとか、相場が荒れてたからとかじゃなくて、その結果に至る思考と過程を明確にして向き合い続けること。不本意に退場しないこと。

考えすぎて、投資の話じゃなくなってきたみたいだけど大丈夫、投資の話です。
よく、まわりくどいって言われます。

最終ステップの趣旨とはズレてしまったかな。ごめんなさい。
でも水瀬さんの最終ステップも、いつ買うかとか何を買うかとかじゃなくて感情の話だったから。
感情の部分は自分自身で解決しなきゃいけないところだから。
投資の海に漕ぎ出す前の記録として、これを鳩の最終ステップとします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからの鳩はリアルタイムで一歩づつ、自分なりの投資とブログを続けていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
それでは、せーの。

どんぶらこー。
スポンサーサイト



0 comments

非公開コメント