FC2ブログ

判断の軸となるもの

今月のブログ更新は3回。
こんにちは、マイペース鳩です。


鳩、損得勘定をする

ブログでは何度も書いていますが、この4月からダンナの会社で確定拠出年金制度(DC)が始まりました。
DCとは短くも深い関係でありまして(嘘)、そもそもはダンナの転職時に、転職先には財形が無い→そうなんだ、どうしようかな→DCがあるじゃないか!→拠出できないじゃないか!という経緯で…え、よくわからない? では詳しくはこちらでどうぞ「確定拠出年金との邂逅」。

まぁそんな感じで最初の出会いから約1年。当初は利用できなかったDCを、めでたく利用できる運びとなりました。
思えばこの1年、投資を始めようと思い立って、昔取ったFPの資格も再受験して、インデックス投資の世界に片足突っ込んでNISA始めようと思ってDCに浮気して、本も読んだオフ会も行ったし、自分史的にはかなりお金密度の濃い1年でした。

そこにきてダンナの企業型DCの開始、そして法改正により専業主婦も個人型DCに入れるようになるという情報。シロ鳩とクロ鳩も慌てて脳内会議です。

シロ鳩「わー、よかったねー♪」

クロ鳩「おいおい、DCは60歳まで払い出しできないんだぜ。得だと思って入っても、20年30年の間に税制も変わって逆に損するかもしれないぞ。」

シロ鳩「はっ!そうね、今は凍結されてる特別法人税も、いつどうなるかわからないわよね…」

クロ鳩「それに、収入の無い専業主婦には所得控除のメリットも無いしな。そんなことより早く住宅ローンの繰り上げ返済をしたほうが得なんじゃないのか。」

シロ鳩「え、あ、繰り上げね。それはいいの、まだしないって決めて…(え、でもした方がいいのかな、汗)」

そんな感じで脳内損得勘定大混乱。結論出ず。


鳩、結局はいつも初心に戻る

今、もしくは将来のある時点で「得」を取ろう(「損」を手放そう)と綿密に考え出すと、それはもう答えのない迷路だなって思います。
損得はあくまで判断材料のひとつであって、軸にしようと思うと脳内会議が乱れます。
私の場合、すべてにおいて大事にしてる軸はふたつの言葉。

「人間万事、塞翁が馬」
「人事を尽くして天命を待つ」

簡単に説明しますと、何が幸か不幸かは予測がつかないということ。
得を取ったつもりで結果的には損をしたり、不幸な出来事が実は幸福な出来事につながったり、ということです。
そして、できる限りのことをしたら、あとは天にお任せするということ。
コントロールできないことに心を砕くより、まずは自分自身をやりきるということ、ですかね。

私が投資をする上でいちばん大事にしたいことは儲けることではないので(「投資を始めた理由、オモテとウラ」)、損得勘定はほどほどにしないといけません。道を誤ります。
未来に起きることなんて考えてもわからないし、今という「点」に納得していれば、いつかそれは納得した「線」になると信じるしかないですね。そう考えたら、DCも住宅ローンもきちんと答えが出ました。

きっと、どの投資家さんにもそういう「自分だけの軸」というのがあるんだろうな。
投資手法や投資対象が違っても、いろんな人の自分軸に興味を持っていたいなと思うマイペース鳩なのでした。
スポンサーサイト



0 comments

非公開コメント